メジャー2nd考察 大吾に才能は?左利きというオチで解決

セカンドです。メジャー2nd第4話まで連載されましたね。ここまでをまとめると・・・

 

 

 

大吾・・・運動センスはあるが超弱肩

光・・・野球やった事ない素人だけど肩が超強肩

いずみ・・・野球も上手く勉強できる

吾郎・・・台湾でまだまだ現役

寿也・・・去年引退したがメジャーでホームラン王にもなった

薫・・・日本で大吾といずみ、ドルフィンズの面倒を見ている

田代・・・ドルフィンズ監督?

藤井・・・ドルフィンズコーチ

 

 

 

という感じになっています。

話は続きが気になって面白いんですが初代と違うのは主人公である大吾が五郎のような超人的な身体能力がない事だ。しかもライバルになっていくであろう光にはそれがありそうな展開。

大吾は果たして本当にプロ野球選手になれないのか・・?

スポンサーリンク
 

【アニメ】メジャーを無料で一気見する方法!

 

 

利き腕が実は左というオチパターン

大吾

 

 

 

パターン1

読者のみんなも薄々予想していると思うけど大吾は実は左利きというパターン。本当の利き腕に気づくシーンはドルフィンズで練習している時に光が大吾の不自然な点などを言い、左利き説が浮上する。

そして大吾がそーいえば的な感じで過去回想が始まる・・

 

 

 

 

回想

大吾がまだ3歳の時

吾郎「大吾~おまえの利き腕は右なのか~?左なのか~?」

大吾「えーわかんないよ~」

吾郎「うーん・・・」

button_002
 
スポンサーリンク

 

 

大吾公園で遊ばせる吾郎

吾郎「!!!! そーいえば大吾のやつ石投げる時やボール蹴る時右を使ってるな・・」

吾郎「大吾!おまえ右手の方が使ってて違和感とかないか?」

大吾「?(いわかんてなに?) うん」

吾郎「そーか!やっぱり!俺もリトルで肩壊す前までは右利きだったからな~きっとおまえもそうなんだよ!」

 

 

回想終わり

 

 

 

えーつまり吾郎の勘違いで右利きだったというオチで、利き腕の間違いに光が気づいてくれるというオチですね!

これなら素人の光と一緒にスッキリ野球に取り組めて、トントン拍子に実力をつけていくと思います。ストーリー的にも光と共に強くなっていってドルフィンズが今年凄い!!こんなに強いチームだったか!?みたいな感じでリトル時代は実力の片鱗を見せるみたいな感じで終わるんじゃないかな?

 

 

 

 

パターン2

一旦野球を辞めて時代が飛ぶパターン。展開的にはもっとリトル時代を描くと思うからないとは思うけど大吾が高1あたりまでタイムスリップしてパワーアップしているというオチ。

 

これはもしくは夏の甲子園の時期あたりを目安にやる可能性があると思います。例えば中学3年間では球技とは程遠い水泳や柔道とかのスポーツで運動センスを発揮し高校で野球に戻るというパターン。

吾郎も中学時代サッカーをやっていたが大吾も違ったスポーツで運動センスを開花させる。またここでも左利きになっていて違ったスポーツでの才能もあったがどこか燃えられない大吾がいる。

そして中学にたっていたスポーツが想像以上に野球に必要な筋力を鍛え大吾が野球の才能が花開くという展開。

 

 

 

さまざなパターンが予想されると思うがやっぱり一番ありそうなのは左肩は強いというオチですかね!大吾が光と共に成長していく姿が楽しみです。

みっちゃん、神展開お願いします!

button_002
 
スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ