メジャー2nd 第13話ネタバレ考察 捕手大吾としての才能

こんちわセカンドです!

いつものように週間少年サンデー29号に掲載予定のメジャー2nd第13話のネタバレを考えていきます。

第29号のサンデーはメジャー2nd単行本1巻発売記念という事で表紙&巻頭カラーです!注目ですね!特に表紙で大吾がもしグローブを持っているならキャッチャーミットを持っているかどうかがポイントですね!

 

なので29号の最初の見所は表紙かと思います。

 

 

それではいつもの言っときます!

 

 

フルスイングで、飛ばすぜッ!!

スポンサーリンク
 

【アニメ】メジャーを無料で一気見する方法!

 

第12話のネタバレ感想

メジャー2ndネタバレ・予想考察一覧

メジャー2第13話ネタバレ考察

 

 

まずは上記で書いたように表紙がポイントとなりそうです。

大吾がキャッチャーミットを手にしていれば今後キャッチャーとして話が進んでいく可能性は高いです。しかも単行本発売という事でセールスレターも書いてあるでしょうから、初めてサンデーでメジャーを見た方が、

 

 

 

『メジャーの続編が出るんだー今度の主人公はキャッチャーなのかー』

 

 

と思わせて興味をひくことができます。

そのへんも含めて次週29号のサンデーの表紙は注目ですね!

 

 

 

さて13話からの続きが気になりますが、まず間違いなく大吾がキャッチャーフラグは立ってるんで必然的に光の投げる球を捕球練習する回になると思われますね!

 

この練習期間を吹っ飛ばして1ヶ月後のピッチングテストの追試があるかもですし、思った以上にキャッチャーの練習に戸惑う大吾が描かれるかもしれません。

 

 

または捕手としての野球センスを発揮した大吾が1週間で光の球を捕れるようになり、たった1週間でテストに合格してしまうかもしれません。

その場合大会までの残りの期間で初戦敗退ばっかりのチームを変えようって感じで特別なトレーニングやチームの絆を深める友情ランニング大会みたいなイベントがあるかもですね(^O^)

(完全に初代のパクリだけどw)

button_002
 
スポンサーリンク

 

 

ここまでメジャー2ndは初代の雰囲気に似せてはいますが、登場人物は初代の子供が登場でストーリーは新しいものになってて面白い展開になっています。

 

 

野球の花形であるピッチャーというポジションをあえて外し、主人公をピッチャー以外のポジションでストーリーを進めていってる感じは個人的にかなり好きというかアリですね♪

二世キャラでまたスーパースターみたいな身体能力でピッチャーでホームラン打てて・・みたいな普通の展開にならない時点でワクワクしてます!

 

 

第13話はいきなり寿也の球は捕れないでしょうけど、大会前にはバッチリ捕れるようになっていると思います。ただ華奢な大吾の体格は捕手としては少し物足りないです(アンディと比べると特に)

 

最大のライバルは光だと思いますけど、まずはアンディがライバルになってくると思うのでどの点でアンディに勝つのか注目ですね。

 

 

吾郎のような覚醒をどう表現する?

 

 

初代メジャーではピンチになればなるほどその感覚が研ぎ澄まされ、力を発揮しバッターを抑えこんだ吾郎のように、ピッチャーならその圧倒的才能で試合に勝つ力を持ついうのは分かりやすくて盛り上がります。

それがメジャーの最大の魅力でありドラマチックベースボールです。

 

 

メジャーという満田拓也先生の作風的に、ピンチやチャンスの時で覚醒し試合をモノにするという形はおそらくメジャー2ndでも変わらないと思うので、キャッチャーというポジションでそれをどう表現していくのかポイントです。

 

 

バッターの方でも成長を見せるかもしれませんが、今のところそんな兆しはないですしホームランが打てるだけのキャッチャーというのはなんだかつまらないです。

 

ここは捕手としての才能で、メジャー2ndを面白くしてほしい所ですね^^

 

 

 

やはり有力なのは研ぎ澄まされた配球でしょうか?またはサインを出して守備位置を投球時にズラすなどの采配?大吾にしか取れないようなワンバウンド処理?

 

 

どういう展開になるか楽しみです!

 

 

メジャー2ndネタバレ・予想考察一覧

button_002
 
スポンサーリンク

20 Responses to “メジャー2nd 第13話ネタバレ考察 捕手大吾としての才能”

  1. 違うと思うよ より:

    だいごは、キャッチャーではないとおもうよ。やはりだいごはピッチャーで覚醒します。なんと、左投げで。
    としの子供は強い肩を武器に、やはりキャッチャーだよ。

    • セカンド より:

      違うと思うよさん!

      コメントありがとうございます!

      僕も最初は左利きで才能開花のパターンだと思ってたのですが、わからなくなってきました^^;

      12話での光のフリが強いので、これで少しもキャッチャーしなかったら12話なんだったん、てなりそうなので、展開に注目したいですね!

  2. うんこ より:

    大吾はもう佐藤君からも三行半を突きつけられます。そして、ヒロイン佐倉のむうちゃんが佐藤君とバッテリーを組み、大活躍!いよいよドルフィンズにも居場所が無くなった大吾は再び野球を辞めてしまいます。そんな大吾をよそにヒロイン佐倉むうちゃんと佐藤君が恋仲になり、結ばれます。野球を再び辞めた大吾は姉のいずみをはじめ、家族からも疎ましがられます。そして、学校でも孤立してしまいます。
    完全に居場所を失った大吾はある早朝に・・・・
    結局大吾は大好きだった野球で、才能を何一つ見いだせずに、友達も恋人も出来ないまま、楽しかった思い出も何一つ無く・・・・

    恐らくこんな路線が来そうな気がします。そして、主人公が大吾から佐藤光に変わり、後は初代メジャーと同じ路線になるんじゃないでしょうか?ガッカリ二世の主人公は要らねえよ。

    • セカンド より:

      うんこさん!

      そうですよねー!大吾は12歳で全てのやる気を失くし・・

      て、チョトマテチョトマテ・・

      ガッカリ二世でないハズ・・いやそう祈りたいです・・(^_^;)>

      一部表現が過激だった為編集させていただきました。

    • 匿名 より:

      初めましてで差し出がましいですが、冗談でもそんなこと書かないでください。
      そんな少年漫画、一体誰が読みたいでしょうか?

      • セカンド より:

        匿名さん。

        満田拓也先生の描く漫画はいつも子供たちに夢を与える素晴らしい漫画ですから、きっと良い作品になると思いますね^^

      • うんこ より:

        一応、本気で書きました。もし、いけそうなら本家の作者にもファンレターの形で強く進言しようと考えています。

        だってね、大吾より佐藤光の方が主役の資格あるもん。佐藤光が主役の方がこの漫画は相当盛り上がるじゃない?佐倉むうちゃんと佐藤光、お似合いじゃない?

        大吾はしょっぱなからネガティブな感じだったから、最期までとことんネガティブのまま、むうちゃんや佐藤光達に見限られて、居場所を完全に失ってしまい・・・ネガティブなまま、フェードアウトしてもらって、佐藤光が主役で・・・といったサクセスストーリーの方が初代メジャーを彷彿とさせて良いと強く望んでいます。

        • セカンド より:

          うんこさん。

          確かに今のところ佐倉ちゃんと光の方がお似合いな感じはします。そこは同感ですね。

          しかし少し線を越えた表現に気をつけてもらえたら幸いですm(_ _)m

          • うんこ より:

            どの辺が線を越えた表現なのでしょうか?一応僕も僕なりに考えて書いたつもりではいます。ある程度の現実味を帯びた話は必要だとも考えていますし、一度くらいはこれくらいショッキングなエピソードも必要ではないでしょうか?

          • セカンド より:

            うんこさん。

            少年誌でも過激な描写は普通にありますが、メジャーという作風の中ではありえない表現かなと感じます。。

            ギブソンのようなアクシデントによる事故などはありえますが、主人公である大吾に限ってありえないかな、とおもいます。

      • うんこ より:

        俺が読みたい。その方が読者に強烈なインパクトを与えるもん。何ならこのネタで同人誌を書いても良いかな、と考えてるんです。

  3. 2nd展開楽しみ(ぺん) より:

    捕手をするにしても
    肩が弱いのがネックですね。ですが、
    まだまだどうなるかわかりませんし
    これからの展開が本当に楽しみです!
    いやぁ、楽しみだなぁ。

    • セカンド より:

      ぺんさん^ ^

      コメントありがとうございます!

      肩が弱いのが気になりますが、泉に性格的にはむしろキャッチャー向きと言われたので、発言や思い切った発想の作戦などやってくれるのかなとおもいます^ ^

      楽しみですよね!

      • うんこ より:

        第一にまず、佐藤光と佐倉むうちゃんがあそこまでネガティブにした大吾を許すでしょうか?

        普通なら有り得ない話だと思います。

        • セカンド より:

          うんこさん!

          もし可能であれば、いつと熱いコメント頂いているので、も少しフツーなペンネームで頂けると嬉しいです。

          メジャーが好きな事に変わりはないですもんね!

          ダイヤのエースみたいに、エースが主人公じゃなくても面白い野球マンガもあるので、メジャー2ndもそんなかんじを狙ってるのかなと思ったりしてます。。

          • バカヤロウ より:

            メジャーも好きですが、一度くらいはメジャーの中で誰も救われないくらい胸糞悪い形での結末を書いて欲しいだけです。

            そのほうが読者にインパクトあるでしょ?

          • セカンド より:

            バカヤロウさん。

            言いたい事はわかるのですが、ご自身のコメント内容が本当に適切かどうか検討してもらえたらとおもいます。

            自分が言いたい答えは検索してもらえれば分かります。。

            僕も楽しくメジャー2ndのブログを続けていきたいので、これからは個人的に見て過激な表現と思えるコメントは承認できかねますのでご理解くださいm(__)m

    • うんこ より:

      ぺんさん。

      あそこまでネガティブ思考をやっておいて、まず光や佐倉むうちゃんが大吾を受け入れると思えますか?

      光は佐倉のむうちゃんとバッテリーを組んで、カップル成立。一方の大吾は完全に佐藤光とむうちゃんから完全に拒絶されます。普通はそうですよ?

      もう、光の提案をネガティブに拒否した時点で大吾は人生を完全に放棄したんだから、それなりのペナルティーを受けて頂かないと、、、

      成長とか言っているけど、もう、当の本人にその意志が無いんだから、どうしようもないですよ?

      現実社会では、これだけネガティブに過ごしていたら、皆ブチキレて、拒絶されて、孤立するでしょ?

      だから、大吾にもそれだけのペナルティーを味わって貰わないと、、、

      野球でも家庭でも学校でも皆から拒絶されて居場所を失って・・・そして、主役が佐藤光に変わり、初代メジャーを彷彿とさせる展開になっていくのが筋じゃないですか?

  4. 匿名 より:

    >うんこさん
    http://mantan-web.jp/2015/04/05/20150402dog00m200073000c.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed
    ↑作者はあくまで大吾の成長ぶりを描いていくようです。
    どう思っていようと作者の意図を無にするような意見は駄目だと思います。
    まだ始まったばかりですから温かい目で見ていくべきかと。

    >セカンドさん
    何だか自分が火種のようで少しばかり責任感と罪悪感を感じています…。
    うんこさんのコメントに対して思うことは今も変わりませんが、一時的な感情に流されて口調を荒らげてしまったことは反省します。
    申し訳ありませんでした。

    • セカンド より:

      匿名さん^ ^

      いえいえ、全然大丈夫ですよ!
      10人10色ですから色んは方がいるとおもいます。

      匿名さんのリンク先知りませんでした、ありがとうございますm(__)m

      かなり細かく満田拓也先生の気持ちが描かれてますね!

      これで1記事書けそうです笑

      心優しい匿名さんのコメント嬉しいです^ ^これからもメジャー2nd楽しんでいきましょう!

コメントを残す

このページの先頭へ